娘と絵本1000冊目指すブログ(時々おうちと成長記録)

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。

【絵本0007】食いしん坊娘のお気に入り絵本を紹介:くだもの

突然ですがどんちゃんはとにかくよく食べます。私があまり気にしていないこともあるんですが、ファーストフード店のポテトもファミレスのお子さまランチも一人分ぺろりと食べます。横に小学生の子連れとかいると同じもの食べてて「まじかよ……」って夫婦そろってため息がでるほどよく食べます。

そんなどんちゃんの好きな絵本もやっぱり食べ物が出てくる絵本なんですが、狭小じゃいする絵本はとにかくイラストがリアルなのでおすすめです。

くだもの

f:id:dondon0907:20180108214433j:plain

くだもの:平山和子

福音館書店

おいしそうなくだものがたくさん出てくる!

この絵本は

くだもののイラスト:断面図と「めしあがれ」

が繰り返し出てくる絵本で、くだもののサイズに合わせてすいかは見開き1ページ、ももは半ページというように大きさが分かれているので大小の区別もなんとなくわかるようになっています。

とにかくイラストがリアルなので、ももとかぶどうとかみずみずしく描かれていて読んでいる大人も「あーもも食べたいわー」って思える本です(笑)

職場でもよく読むんですけど、たいてい最後に先生が「先生もぶどう食べたいな」とかつぶやいて、子どもが「はいどうぞ」ってくれるんですよね(やさしい!)

食べるしぐさが本当にかわいい!

1歳になってくると大人のまねをし始めるので、召し上がれの時に手を絵本のイラストに持って行ってもぐもぐ口を動かすようになります。その姿もかわいいんですけど、うちのどんちゃんはバナナがひどく好きなのでバナナのページはえほんごとかっさらっていきます。かわいいような…ちょっと女の子らしくしてほしいような…

1歳半頃には見立て遊びが始まるので自分で読みながら「もぐもぐ」と食べる真似をしたり、お友達や先生に「はいどうぞ」とくれるしぐさもするようになります。

子どもの一つ一つのしぐさは本当にかわいいので乳児クラスの担任の時には1日に1冊は(特にご飯の前とか)食べ物の絵本を読んでいます。私も食べ物の絵本が好きなので、まさか食いしん坊なのは私に似たのだろうか……

 

blog.with2.net

book.blogmura.com

 

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ